花粉対策にメガネは有効か?辛い時期を上手に乗り越えよう!


通常のメガネでも効果あり!

目のかゆみや充血など、花粉症には鼻だけでなく目の症状も多くあります。そんな症状の予防に有効とされているのが、メガネになります。花粉が目にもたらす症状の一つに、アレルギー性結膜炎があります。眼球とまぶたの裏側にある結膜に異物である花粉が入り込むことにより発症するとされる症状で、目のみならずまぶたまでかゆくなることもあるようです。

その花粉の侵入を通常のメガネでもある程度防いでくれるので、花粉症対策に有効であるというわけです。さらに最近では、通常のメガネにフード状のカバーが付いた花粉症対策メガネも販売されています。花粉対策メガネは約90%の花粉カットができるというデータもあり、さらに高い効果を求める人を中心に愛用されています。

花粉対策に最適なメガネの選び方とは!

では、花粉対策に最適なメガネはどう選べばよいのでしょうか。最重要のチェックポイントは、顔とメガネの隙間が小さいかどうかという点です。隙間が大きければそれだけ花粉が入る可能性が高くなり、これでは花粉対策の意味がありません。必ずメガネ専門店などでは試着をし、フィット感を確認しましょう。

また、花粉を防ぐフード部分がなるべく細いものを選ぶとよいでしょう。その方がフード部分に付着する花粉の量が少なくできるためです。もちろん、外から帰ってきた後にフード部分に付いた花粉を落とすためにクリーナーで拭いたり、軽く水で流す必要があります。それを考えると、撥水性能の高いレンズや、傷に強いレンズなどのお手入れのしやすいレンズのメガネを選ぶというのも一考です。

メガネの花粉防止は効果があります。メガネなしに比べメガネをかけていると、目に入る花粉の数を約7割防ぐことができます。