ファッションに関係する言葉の由来と国ごとに違う定義


洋服だけでなくアクセサリー等にも影響する

ファッションは英語で「流行」を意味しますが、その時代において、多くの人の間で最も流行しているスタイルを指しています。対象となるスタイルは、トップスやボトムスといった洋服に加えて、ショート等のヘアスタイル、さらには、指輪等のアクセサリーにまで広がっている点が特徴です。

複数の組み合わせにより独自の雰囲気を演出

シャツやスカート等の組み合わせに加え、身につけるアクセサリーの種類や、髪型等の複雑な要因によって決定される総合的な雰囲気も、ファッションとして表現されます。洋服やアクセサリーを含めて一度コーディネートして、そのイメージを維持し、新たにトレンドを生み出すという役割を、ファッションは担っています。

国によってファッションの定義は異なる

住んでいる国独自の気候や文化があるように、ファッションも国によって大きく異なってきます。例えば、イギリスの場合、「他者への礼儀の装い」としてファッションを定義しています。貴族文化が大きく浸透している点が主な要因となっているため、スーツにステンカラコートのような、伝統的なスタイルを踏襲したものが見受けられます。また、年間を通して曇りの日が多いイギリスでは、湿気に強く型くずれが起きない素材で作られている点も、大きな特徴です。

一方、貴族文化がないアメリカ合衆国の場合、労働者が身につける作業着をベースとして、ファッションを定義しています。白人や黒人といった様々な人種が集まってくる国の特性上、体型等に影響されない点を念頭に置いて、作られている点が特徴です。その一方、機能性や耐久性を重視した素材がベースとなっている点も、アメリカ合衆国のファッションならではと言えます。

爽やかなミントの成分、メンソールフレーバーが一番人気です。ニコチンリキッドなのでもちろんニコチン入りです。